千葉ダンススクールリアン|ダンス初心者限定スクール        
HOME >  赤筋と白筋って何ですか?

赤筋と白筋って何ですか?

赤筋と白筋って何ですか?

筋肉には赤筋と白筋の2種類あるのをご存知ですか?

 

前回のブログでお伝えした

「速筋が白筋」、「遅筋が赤筋」です。

前回のブログはこちら

 

白筋(速筋)は、筋肉の中の糖分が分解されエネルギーになるため

酸素をあまり必要としません。

酸素を分解する赤色をしたタンパク質が少なく、

見た目が白いので、白筋とも呼ばれています。

 

赤筋(遅筋)は、エネルギーを出す時に酸素を取り込み、

この酸素を分解するタンパク質が赤色をしているので赤筋とも呼ばれています。

 

赤身魚と白身魚の違いで考えるとわかりやすいです。

 

赤身魚と言えば、マグロ、かつおなど。

マグロやかつおは休むことなく泳ぎ続け、長距離の移動をします。

酸素を多く必要とするため、魚の筋肉、身の部分が赤いのです。

 

白身魚と言えば、ひらめ、かれいなど。

ひらめやかれいは俊敏な動きを求められ、移動距離は少ない為

酸素をあまり必要としません。

酸素をあまり必要としない為、身の部分が白く見えるのです。

 

これらの魚の特徴からも分かるように

白筋(速筋)は瞬発力に優れていて、

赤筋(遅筋)は、持久力に優れています。

それぞれの魚の生活にあった筋肉が備わっているということですね。

 

白筋(速筋)は、収縮するスピードが速く瞬間的に大きな力を発揮します。

その反面、スタミナは少なくすぐにバテてしまうという弱点があります。

白筋を鍛えるとゴツゴツとしたマッチョな身体になりやすいです。

 

赤筋(遅筋)は、収縮するスピードが遅く弱い力しか出せませんが、

スタミナがあり持久力に優れています

赤筋を鍛えると、マラソン選手のような、引き締まった身体になりやすいです。

 

ダンスは、白筋、赤筋の両方が鍛えられる

バランスがいい運動だと言えます。

 

初心者限定で、超アットホームなダンススクールが

千葉にオープンします。

詳しくはこちら

ダンスに興味がある方、

是非、体験レッスンに来てみませんか。

楽しい時間をお約束します。

TEL 042-452-9927

お問い合わせ、お待ちしております!

千葉初心者ダンススクール

ページトップへ