千葉ダンススクールリアン|ダンス初心者限定スクール        
HOME >  ダイエットだけでなく健康に1975年の食事が話題

ダイエットだけでなく健康に1975年の食事が話題

ダイエットだけでなく健康に1975年の食事が話題

食べても太りにくい体質をつくるための食事メニューは、
1975年の食事が理想的だそうです。

 

私たちの食事は、欧米化に伴い、肉がメインでバランスが悪くなり、

牛丼やラーメン等の単品もので済ませるなど、
大きく変わってきました。

 

最近流行りの低糖質(炭水化物)ダイエットなど、
極端なダイエットで著しくバランスが悪くなり、体調を崩すこともあります。

 

ある大学で、1960年、1975年、1990年、2005年の日本食の厚生労働省
「国民健康・栄養調査」や、文部科学省「日本食品標準成分表」を参考にして

平均的なメニューによる研究結果から、

1975年の食事メニューがダイエットだけでなく、
次のような健康への効果が高いことが認められました

内臓脂肪の蓄積、加齢に伴う脂質代謝調節機能低下を抑制

最も老化が遅れて、長寿であり、学習機能の維持にも有効

がんの発生率が低い

1975年の食事メニュー

1975年食事メニュー

日本食の各年代の特徴

・1960年(昭和35年)
お米の摂取量が多く、魚介類が主なタンパク源で塩分も一番多い年代。
お米に対して、おかずの量が少く、お米とみそ汁と漬物という組み合わせが特徴。

 

・1975年(昭和50年)
東京オリンピック、大阪万博(日本万国博覧会)を経て、流通インフラが整い
多くの種類の食材が流通し、食の多様化が始まりました。
洋食と和食が食卓に一緒に並ぶようになり、家族揃って多くの料理を食べていた年代。

サンドイッチやコンソメスープなどの欧米の影響が表れ始め、
タンパク質、脂質源は、魚介類が中心で、海藻などの繊維が多いものも
多く摂られ品数が多くなったのが特徴。

 

・1990年(平成2年)
欧米の影響がだいぶ入り込んできた年代。
ラーメン、牛丼など単品料理が増えはじめ、朝ごはんにパンを食べる割合が
多くなってきたのが特徴。

 

・2005年(平成17年)
1990年とほとんど変わらずタンパク質、脂質源は、牛や豚など動物性のものが
ほとんどで、お米の摂取量はもっとも少なかったのが特徴。

 

つまり1960年は1975年に比べると、貧しくておかずが少なく栄養バランスに劣り、
1990年は乳製品やイモ類が豊富だが、欧米化の影響でパン食が増え、カロリー摂取過多、
2005年は米が少なく、肉類、油脂類が多く、単品料理が増え、油の摂り過ぎです。

 

1975年の食事で最も注目すべきは、使用食材の種類の豊富さ。
果実類、海藻類、魚介類が豊富で、豆類、砂糖などもよく使われていた。

タンパク質や脂質を肉ではなく魚介類から主に取っていたことや、
ワカメやヒジキなどの海藻を多く摂取して、食物繊維が豊富に取れていました。

 

発酵食品である味噌汁や本物のぬか漬けを毎日食べていました。
ぬか漬けは植物性乳酸菌を生きたまま摂ることができ、腸内環境を整えてくれます。

ちなみに、だしは塩分を控えるために多く使われていたようです。
これらから分かるように、欧米化した食事では摂れない物ばかりです。

 

主食はご飯

1975年は、今よりもご飯を1食40gも多く食べていました。
ご飯は、麺類と比べ胃腸での滞留時間が長く、腹持ちがいいのが特徴。
糖質制限ダイエット等、急に糖質を抜くと内臓に負担がかかります。

 

豆類、発酵食品

豆類は脂肪酸のリノレン酸が豊富で、この成分は、体内でつくることができない
必須脂肪酸で、血中中性脂肪を下げる働きがあるといわれています。
また、リノレン酸は体内でDHA、EPAに変換されることも知られています

 

果物

1975年と比較して果物の使用量が約⅔に減っています。
デザートで甘いものをとるなら、砂糖を含む菓子類よりも果物をとった方が
太りにくいでしょう。果物には酵素が含まれるので消化吸収が助けられ、
ビタミンやミネラルも補給できます

 

野菜は生より加熱

野菜の1日の使用量は、1975年より今のほうが多くなっています。
しかし、種類数では1975年のほうが上。
今は食感のやわらかい生野菜サラダが中心。
1975年は、青菜の煮びたし、根菜の煮物など、
加熱調理した野菜をたっぷり摂っていました。

 

肉より魚

魚介・肉類の主菜をバランスよくとっていた1975年と比べ、
今は肉類の主菜に偏っています。魚介に含まれるDHA、EPAは、血中中性脂肪を抑え、
脂肪を蓄積しにくくします。

さらに、魚肉たんぱくは代謝され良質なペプチドになり、
豚や牛などのたんぱくよりも体に脂肪がつきにくいとされています。

肉類の主菜が続いていませんか?

 

また、健康維持には、食事だけでなく、適度な運動も大事です。

楽しく、継続的に運動をするには、ダンスが一番です。

 

食事を作る側からすると、忙しくてそんなに色々作ってられない!
という事情もあると思います。

 

健康の大切さは、健康を害して初めて気がつくもの。

全ての基本は健康ですので、

健康で長生きするには、何を優先するかを考えてみることも
大事なことではないでしょうか。

 

健康維持や、ダイエットに、ダンスはいかがですか?

 

千葉ダンススクールリアンは、初心者限定の

初心者が安心して通えるダンススクールです。

 

詳細はこちらをご覧ください。

TEL 042-452-9927

優しい講師と、楽しい仲間がお待ちしております!

千葉ダンススクール

ページトップへ