千葉ダンススクールリアン|ダンス初心者限定スクール        
HOME >  ダンスのための体づくり② 骨盤を立てて背骨をまっすぐに

ダンスのための体づくり② 骨盤を立てて背骨をまっすぐに

骨盤を立てるとは、骨盤を前傾させることをいいます。

でっちりにして、おへそを前に突き出すイメージです。

様式トイレに座ったときの、お尻を後ろに突き出した状態です。
この姿勢は腰が反った姿勢になり、自然と背筋が伸びることがわかると思います。


背骨の両側には、脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)という最大の背筋があります。

この筋肉は、上体をまっすぐに伸ばしたり、側方へ折り曲げるときに使われます。


この脊柱起立筋は、骨盤が後方に傾いている時が、
最も効率よく働く=脊柱を正しい姿勢にします。


イスに座る時は、お尻を突き出さなくてもいいですが、
このイメージで骨盤を立てることを意識しましょう。


骨盤は歪みやすいので、日頃ちょっと意識するだけで違ってきます。

例えば

・イスに座る時、背もたれによりかからない

・イスに座ったら足を組まないで、膝をつける

・荷物を肩にかける時は、左右均等にかける

・ガムは左右の歯で交互に噛む

・テレビは正面から見る


こんなことで、と思うかもしれませんが、
クセになっている人は、骨盤が歪んでいる可能性が高いので注意しましょう。


骨盤を立てると、大きく踊れるようになります。

同じ踊りをしていても、大きく見えることって大事で、
骨盤の向きによって、踊りの大きさに差がでるんです。


千葉にお住まいの方で、ダンスに興味がある方、
千葉ダンススクールリアンでダンスをしてみませんか。

千葉ダンススクールリアンは、初心者限定のダンススクール。

生徒さんは全員初心者ですので、周りの目を気にすることなくゆっくりダンスができます。

体験レッスン、見学も大歓迎ですので、お気軽に遊びに来てください。

TEL 042-452-9927

お問い合わせ、お待ちしております!

千葉初心者ダンススクール

ページトップへ