千葉ダンススクールリアン|ダンス初心者限定スクール        
HOME >  ダンスのなかなか上達しない人の共通点

ダンスのなかなか上達しない人の共通点

せっかく始めたダンスですが、なかなか上達しなくて
悩んでいる方もいるかと思います。

今回は、そんななかなかダンスが上達しない人に共通する点を書いてみました。


1.自宅で練習しない

ダンスは練習した分だけ上手になるのですが、
そこに落とし穴があります。

 

週に1回2時間練習するのと、毎日10分練習するのとでは、
毎日練習した方が上達します。

 

練習の間隔が空いている場合、前回の練習を思い出すところから始めることになります。

毎日練習している場合は、記憶にも残っていますし、カラダも動きを覚えていますので
すぐに次の練習に取り組めます。

 

1回のレッスンで学んだことを、
自宅でも練習することで、自分のものになっていきます。

 

2.基礎にしっかり取り組まない

早く振りを覚えたい気持ちはわかりますが、基礎もしっかり取り組まないと、
いつまで経っても、中途半端な動きしかできません。

 

基礎はダンスの土台です。

一見複雑な動きも、そのほとんどは基礎の組み合わせや
基礎をアレンジした動きが多いんです。

 

基礎ができていると、複雑な動きを見ても、
この動きは、ここをこうやって動かしているんだ、
と把握できるようになりますので、
振りの理解も、真似も早くできるようになります。

 

ダンスが上手な人ほど、毎日基礎トレーニングをしています。

それだけ基礎は大切だということです。

 

3.できないことを、そのままにしてしまう

ダンスを始めた頃は、覚えないといけないことがたくさんあります。

一つづつ取り組んでいくしかないのですが、
できないことは、講師にわかるまで聞いたり、
DVD
などを何回も見て、自分なりに理解して、
できるまで取り組む必要があります。

 

その繰り返しで、できなかったことが、できるようになり、
憧れのアーティストの振りができるようになっていきます。

 

今プロのダンサーとして活躍している人も、
ダンスを始めた頃は、できないことばかりで、
それを諦めずに練習してきたから、今があるんです。

 

ダンスしてみたい、ダンスに興味がある人、
初心者限定の千葉ダンススクールリアンでダンスを始めてみませんか。

千葉ダンススクールリアンは、趣味で、楽しくダンスをしたい人のためのスクールです。

見学、体験レッスン大歓迎です。

TEL 042-452-9927

お問い合わせ、お待ちしています。

千葉 ダンスの上達が遅い人の共通点

ページトップへ