千葉ダンススクールリアン|ダンス初心者限定スクール        
HOME >  世界で最も人口が多いダンスのジャンルとは

世界で最も人口が多いダンスのジャンルとは

世界で最も人口が多いジャンルは、ブレイクダンス

現在、ダンスのジャンルで最も人口が多いのはブレイクダンスなんですね。

ブレイクダンスは、2024年パリ五輪で正式種目候補になっています。

ダンスが五輪競技??
と思われる人も多いかもしれません。

 

ブレイクダンスは、バトルで決着をつけてきた歴史があるんです。

しかも、アメリカでギャングの抗争で銃撃戦の代わりに
ブレイクダンスで決着をつけたというんです。
映画のようですね!

 

ギャングの抗争にブレイクダンス

ブレイクダンスは1970年代ニューヨークのサウスブロンクス地区で
ギャング同士の抗争の際に、銃撃戦の代わりにブレイクダンスのバトルで、
決着をつけたことから発展に繋がったと言われています。

 

諸説ありますが、実際にブレイクダンスはギャングの抗争で
殺し合いの代わりに用いられています。

当時の貧困層の若者は、強盗やドラッグを売りさばくことで稼いでいました。

そのドラッグの売りさばきにおいて利害が対立した時に、
抗争に取って代わったのがブレイクダンスのバトルだったんです。

そこから長い年月をかけてブレイクダンスは
ギャングの抗争に取って代わるものになっていきました。

 

なので、もともと争いあう事から派生しているので、
ブレイクダンスとバトルは、切っても切り離せない関係にあるんです。

Breakdance

ブレイクダンスはヒップホップの一つ

そもそもブレイクダンスは、ヒップホップの要素の一つです。

ヒップホップというのは、ロック、ジャズといった
音楽のジャンルではなく文化の一つなんです。

 

そのヒップホップを構成する要素の一つに
ブレイクダンスが存在します。

日本の上方文化の中に能や狂言があるようなイメージです。

 

ヒップホップの発祥は、1970年代のニューヨークサウスブロンクス地区。

当時、このサウスブロンクスはアフリカ系のアメリカ人が多く住む貧困街でした。
若者たちはクラブにいって遊ぶお金はなく、
ターンテーブルを使って曲を流し、それに合わせてダンスを踊り、
ラップを披露し、街に絵を描いていきました。

この貧困の若者たちの遊びが、ヒップホップという文化となってきます。

 

正式名は、B-BOYING

そしてブレイクダンスは、正式にはB-BOYINGと呼ばれていて、
当時のカリスマDJ「Kool Herk」によって名付けられました。

BはBreakの頭文字であり、壊すという意味ではなく「間奏」という意味です。
曲と曲の間奏部分であるビートが強く盛り上がるパートで、
激しく踊るダンスというのがブレイクダンスの本当の意味なんです。

 

その後に、ロックステディークルー(Rock Steady Crew)などの
クルー同士による大規模な抗争がメディアの関心を受けた事で、
ストリートダンスシーンの急速な成長へと繋がったとされています。

大ブレークのきっかけはフラッシュダンス

そして1982年公開の映画「フラッシュダンス」の
ダンスシーンが大きなインパクトを与えました。

以後、「ブレイクダンス1,2」、「ビートストリート」
「クラッシュグルーブ」などブレイクダンス映画が次々に作られ、
TVのコマーシャルに多用されるなど、一大ブームを築いていきました。

Breakdance

日本はダンス甲子園

日本では、1983年に映画「ワイルド・スタイル」で来日した
ロックステディークルーが、ブレイクダンスを紹介。

その後、たけしの元気が出るテレビの
ダンス甲子園でもブレイクダンスが話題になり、
急激に広まって行きます。

 

ヒップホップの一部であるブレイクダンスの人口が一番多いのは、
以上のような背景があって、今に至っているんですね。

2024年のパリ五輪で、ブレイクダンス正式種目になるといいですね!

色々なところでダンスのことが取り上げられ、
ダンスが注目を集めることになるので、とってもいいことだと思います。

 

千葉にお住まいで、ダンスに興味がある方、
千葉ダンススクールリアンでダンスを始めてみませんか。

リアンは初心者限定のダンススクールですので、
ダンスやったことない人でも、楽しくレッスンを受けることができます。

ブレイクダンスのクラスはありませんが、
ヒップホップ、K-POP、テーマパーク、アイドルなど
色々なクラスを開講しています。

是非、遊びに来てみてください。

レッスン時間はこちら

見学、体験レッスン大歓迎です!
お問い合わせは、メール、電話でお気軽にどうぞ。

TEL 042-452-9927

お問い合わせ、お待ちしております!

お問い合わせ

 

ページトップへ