HOME » ダンススクール千葉 » ダンスの苦手を克服する方法

ダンスの苦手を克服する方法

投稿日:2023年12月30日
更新日:2023年12月30日

皆さんこんにちは!
千葉ダンススクールリアンの高橋紫織です。

ダンスを続けていると、必ず伸び悩むタイミングがやってきます。
そんなときは、いったん自分のダンスの苦手なポイントを確認し、克服するようにしましょう。

苦手を克服することで、今まで以上にダンスが上達する可能性が高いです。
今回は、苦手を克服する方法を紹介します。

自分のダンスを理解しよう

苦手を克服するためには、まず自分のダンスを知る必要があります。

①自分のダンスを映像などで観察する

苦手なポイントに対し、何故苦手だと感じるのか、自分で動いてみるだけではなかなか気づかなかったりします。
時にはそれが苦手なポイントであることを認めたくないために、意識的に気づかないようにしていることもあります。
苦手を正しく理解するためには、自分がダンスを踊っている姿を大きな鏡に映す、またはビデオに撮影してじっくり観察しましょう。

②友達や先生に見てもらう

自分の苦手ポイントに気づかないときは友達や先生にダンスを見てもらいましょう。
自分で気づかなかったことを指摘してもらったり、意見を言ってもらえたりします。
ダンスを見てもらった後は、逆に友達のダンスを見てあげて指摘しあうのも楽しいですよ!

自分のダンスを観察した後にやること

①重点的に練習する

苦手な理由が分かれば、後は重点的に何度も繰り返して練習するのみです。
自分の苦手なところを何度も練習する事は少し辛いですが、そのぶん克服したときの達成感は何物にも変えがたいものとなります。

②上手に踊れる人と比較してみる

周りに同じダンスを上手に踊れる人がいれば、比較してみましょう。
可能であれば一緒に踊ってもらうのもオススメです。
違う箇所を比較して上手に踊っている人を真似て自分のダンスに取り入れましょう。

まとめ

苦手を克服すると、無意識に避けていた動きをダンスに取り入れることができます。
苦手を克服する事により、自分への自信にも繋がるのでより楽しめます。
そしてダンスの幅が広がり、より上達するはずです。

まずは自分のダンスを研究することから始めてみましょう!

この記事は、千葉ダンススクールリアンの高橋紫織が作成しました。

ダンスの苦手を克服する方法

少人数なので定員になる前に☆
レッスンスケジュール