HOME » ダンススクール千葉 » 腰のアイソレーションを上達させるためのコツ教えます!

腰のアイソレーションを上達させるためのコツ教えます!

投稿日:2024年3月14日
更新日:2024年3月14日

皆さんこんにちは!
千葉ダンススクールリアンの髙橋紫織です。

ダンスを習い始めたばかりの時は、アイソレーションに苦労する方も多いのではないでしょうか。
ダンスをする上でとっても大切な基礎ですが、習得するまでは辛く感じる事もあるかもしれません。
そこで今回は腰のアイソレーションの練習方法について解説します!

腰のアイソレーションとは?

腰のアイソレーションとは、腰を独立して動かす技術のことです。
他の体の部位を動かさずに、腰だけを前後左右に動かしたり、円を描くように回したりすることで、ダンスの表現力を高めることができます。
特にロックダンスやヒップホップなどのダンススタイルでよく使われるテクニックです。
腰の動き一つでダンス全体の印象が大きく変わるため、基本的ながらも非常に重要なスキルとされています。

腰のアイソレーションのコツ

①身体の中心であるみぞおちとおへそを意識しよう!

②腰を左右にスライドさせる際には、みぞおちを動かさずにおへそだけを左右に動かすようにしよう!

③②の動きに慣れたら、前後にスライドする練習を加えてみよう!

④前後左右の動きを組み合わせて四角形を描くように腰を動かす練習をしよう!

※このとき、肩の位置をキープすることがポイントです。

⑤最後に、四角形の動きを円に変えて、腰を回す練習をしよう!

反復練習を通じて、徐々に腰のアイソレーションをマスターしていきましょう。
また、鏡の前で自分の動きを確認しながら練習すると、より効果的です。
音楽に合わせて動くことで、リズム感も養えます。
一人で練習するのが難しい場合は、オンラインレッスンを受けるのもおすすめです。
YouTubeなどでも詳しく解説している方がいるので参考にしてみてくださいね!

腰のアイソレーションの練習方法

みぞおちとおへそを意識

上半身が倒れないように注意しながら、おへそを前後に動かす

おへそを左右にスライドさせる練習をする

前後左右の動きを組み合わせる

右→前→左→後を2回ずつ、
左→前→右→後を2回ずつ行います。

前後左右を繋げて回す

四角形を描く動きから円を描くように腰を動かす

これらのステップを繰り返し練習することで、腰のアイソレーションがスムーズにできるようになりますよ!

まとめ

今回は腰のアイソレーションについて解説していきました。
反復練習で必ず出来るようになる技術なので、めげずに自分のペースで練習してみてくださいね!

この記事は、千葉ダンススクールリアンの高橋紫織が作成しました。

腰のアイソレーションを上達させるためのコツ教えます!

少人数なので定員になる前に☆
レッスンスケジュール