HOME » ダンススクール千葉 » ジャズダンスの基礎・タンデュを身につけよう!

ジャズダンスの基礎・タンデュを身につけよう!

投稿日:2024年3月28日
更新日:2024年3月28日

皆さんこんにちは!
千葉ダンススクールリアンの髙橋紫織です。

皆さんはジャズダンスの基礎、どのくらい知っていますか?
今回はダンスの基本的な動きで、バレエやジャズダンスなどで用いられる、タンデュという基礎について解説していきます!

タンデュとは?

フランス語で「張る」という意味です
この動きは、まず両脚にかかっていた体重を軸足だけにシフトすると同時に、片足をひざを曲げずにぴんと張ったまま、前方、横方向、後方向に滑らせて行く動作です。

タンデュを練習することで、何ができるようになる?

つま先まで美しい足

タンデュを習得すると、足先を意識できる踊りになります。
特にジャズダンスの基礎・タンデュを身につけよう!です。

ターンアウトの強化

ターンアウトはかかとを支点につま先を180°開く技術です。
タンデュではこのターンアウトを鍛えることができます。

足裏の強化

タンデュの練習は足の裏をしっかり使うため、強く安定した足が得られます。

タンデュのやり方とコツ

タンデュは真っ直ぐに立った状態から、片足を身体の外側に向けて差し出す動作です。
前、横、後ろの3方向があります。

前方向

かかとを先行させて出し、足先は軸足のかかとの延長上にくるようにします。

横方向

足を外に向けながら出します。
かかとを先行させて出していきます。

後ろ方向

つま先を先行させて出します。
太ももから回転させるような感覚で伸ばします。

ポイント

膝は常に伸びた状態で、軸足も出す方の足も共に膝に力を入れて伸ばしたまま行います。

上半身と骨盤はブレないように保ちます。

出す方の足以外は位置を固定して行いましょう。

膝とつま先は常に同じ方向に伸ばします。

足首はまっすぐにし、膝・足の甲・つま先全てが同じ向きになるよう意識しましょう。

つま先を最後まで伸ばすイメージで、床から離さずに伸ばします。

タンデュは基本の動きとして奥が深く、美しさやテクニックを高めるために重要です。

まとめ

今回はタンデュという基礎について解説しました。
ジャズダンスを美しく踊る為に必須である基礎の1つです。
しっかり身につけて上達しちゃいましょう!

この記事は、千葉ダンススクールリアンの高橋紫織が作成しました。

ジャズダンスの基礎・タンデュを身につけよう!

少人数なので定員になる前に☆
レッスンスケジュール